「時間が無い」は言い訳?

自己啓発

「時間が無い」

本当に時間が無い。

趣味とか仕事とか勉強とか、情報収集も、ボーっとする時間も、睡眠時間もすべてこの24時間で回さないといけません。

これが意外と難しいという人が多いです。

それは私も例外ではありません。

もしかしたら今これを読んでいるあなたも、「時間が無い」と思っているのかもしれないですね。

ただ、それは思っているだけに過ぎないのだと、あえて言います。

時間は有限だからこそ、人と人とで差が生まれる。自分が人の上に立ちたいと願うなら、時間と向き合い、行動計画を立てるべきです。

 

 

時間銀行

 

時間銀行という有名な話があります。

簡単に言うと

 

「あなたの銀行に毎日0時に、8万6400円振り込まれます。

しかし、その8万6400円は、次の日の0時に消滅し、また新たに8万6400円が振り込まれます。

つまり、その8万6400円を毎日使わないと勿体ないわけです。」

「実はそれは、既に毎日あなたに振り込まれています。

そう、 ”時間” です。

毎日0時に24時間(86400秒)振り込まれているのです。

さて、あなたはどう時間と向き合いますか?」

 

みんなに8万6400秒が平等に存在しています。

でも、それを使うかどうかは自分次第。

何もしなければ、日々それは減り、また補充される。

こうして考えると時間は無限のようにも、有限のようにも感じるけれど、残念ながら寿命というものがあるので、それは有限です。

その有限な時間をいかに使っていくかで、あなたの未来が大きく変わっていくことは誰もが想像できるでしょう。

 

時間は作れる

あなたは何者かになろうと努力しようとしている、もしくはもう努力しているかもしれない。

けれど、時間が無いことを嘆き、今このブログにヒントを求めてきている。

 

当たっていますか?もしそうだとしたら、簡単な方法があります。

自分の普段の行動を客観視してみてください。

 

朝起きて、電車に乗って、出社して、昼休憩。ここまでで午前が終わりますね。

では、朝起きてから出勤するまでの時間、通勤中の時間、昼休憩の時間。

次に、仕事が終わって、退勤して、電車乗って、家に帰って晩御飯、風呂、就寝。

退勤中の時間、晩御飯前後の時間、就寝するまでの時間。

 

あなたは有効に使えているでしょうか。

もし、目標の為にならないことをやっているのだとしたら、何者にもなれず、また明日を迎えるかもしれません。

まずは一つずつ、朝起きてから家を出る前の時間を意識してみてはどうでしょうか。

いきなり全てを変えても、続きませんしね☺

 

「時間が無い」は言い訳?

 

時間が無い

これは言い訳なんでしょうか?

逃げ道なんでしょうか?

時間が戻ってくることはないけれど、使い倒すことはできます。

日々、それを使い倒すか、消えるのを待つか。

どちらを選んでも、あなたの未来は大きく変わるでしょう。ただ、それを決めるのは自分に他なりません。

言い訳でもいい。

使えるものは使っていこう!

 

 

_____________________

#思ったことをとりあえず文字に起こしてみよう計画。

 

私の自己紹介ページはこちら↓

私の夢(自己紹介)
こんにちは。サキケンです。 先に発見ブログ()にお越しいただきありがとうございます! このページでは、私に興味を持っていただいた方に向けて、自己紹介をさせていただきます。 夢は「仮想世界へフルダイブをすること」 ...

コメント

  1. 名無し より:

    コメントしてみます
    言い訳は言っていいわけ?なんてね。

    そうやって自分を追い込んで勉強などの時間が増えるといいと思います