【動画で学ぶ】2019年YouTuberが知るべき動画編集講座!!【MovieHacks(ムービーハックス)】

動画編集

こんにちは!

ブログは10記事続かなくても、

動画なら30本作れるサキケンです。

動画編集で稼ぎたい方、必見です

この記事では今身に着けるべき動画編集技術が学べるオンライン講座

Movie Hacks(ムービーハックス)

-Movie Hacks- YouTubeに特化した動画編集講座

を受講した感想と共に、

その紹介をいたします。

今、動画編集を学ぶべき理由

プログラミングより楽、簡単

動画編集とプログラミングはどちらもPC1つで完結する技術ということで、

簡単に比較します。

まず、プログラミングは言語が

C,C++,C#,JavaScript,PHP,Python,Rubyなどなど・・・

とにかく種類が多く、それぞれで出来ることが違う!

そして、高校から約4年間ほそぼそとCとC++を学校で勉強した私は、

自分で何か作りたいものがなく、勉強に身が入らず挫折してしまいました。

しかし、動画編集はソフトによって機能の差、やり方は若干違いますが、

カット編集やテロップ入れ、色調補正など同じことができます。

表現したいことをそのまま簡単に表現できるので、

私でも挫折せずに3年以上独学でも続けてこられました。

カット、字幕テロップ入れ、BGMやSE入れの編集はすぐに習得できるので

それだけでも金とれるくらいの需要はあります。

プログラミングより早く稼げるラインまで到達できます。

動画編集者の需要がどんどん伸びていく

画像引用:https://webtan.impress.co.jp/n/2018/12/10/31282

現在は、4Gという第4世代の通信システムが主流ですが、

今後は、さらなる大容量・高速通信ができる

5G(第5世代移動通信システム)

2020年をめどに普及していきます。

これによって今まで動画読み込みに時間がかかっていたものが

ほぼ1秒もかからずに読み込めるとされています。

一時期ブロガー界隈で、

「ブログはオワコン」

「これからは動画だ」

という流れがありましたが、

今後もこの流れは続いていくと予測されています。

次に、

動画編集はめちゃくちゃ時間がかかります。

10分の動画を作るのに、

カット、テロップ、BGM、SEとつけていくと最低でも1時間はかかりますし、

さらにクオリティをあげると2時間、3時間とかかるときも。

もちろん動画内容にもよりますし、

慣れれば早く仕上げることも出来るでしょうが

頻繁に更新したいとなると大変です。

この動画編集の作業は外注化してしまい、

コンテンツ作成に注力したい。

そのような

動画編集のニーズが高まっていきます

依頼者に合った動画編集ができれば、

今どきの動画編集を知っていれば、

誰でも動画編集で稼げるようになります。

“今どきの編集”を学べる!MovieHacks(ムービーハックス)の紹介

YouTubeの今どきの編集を学べる

ソフトの使い方

視聴者に求められている編集の技術

参考動画↓ この動画の編集も生ハム帝国さんがしています。

専用ページ&動画ベースの講座

MovieHacksは、

1本辺り5分~15分程度の動画が合計45本

で構成されています。(2019/3/14現在)

動画編集ソフトはAdobeの”Premiere Pro”

での作業を基本としています。

事前準備編で3本

カット編で4本

テロップ編で9本

画像挿入編で4本

BGM・SE挿入編で5本

色調補正編で2本

サムネイル編で9本(Photoshop)

アニメーション編で7本(After Effects)

モザイク編で2本

内容は細かく分けられています。

簡単な概要も専用ページに書かれているので、

スキマ時間に勉強できますし、

復習も簡単です。

LINE@による無制限の質問サポート

動画で丁寧に解説してくれており初心者でも分かりやすいため

これだけでも充分なくらいの内容ですが、

LINE@で無制限に質問できるサービス

がつきます。

分からないことはすぐに質問できるので挫折しにくい!

価格

買い切り型のサービスなので値は張りますが

当然、買ったら何年たっても動画を見れますし、

質問もできます。

MovieHacksでしっかり学んで仕事を受ければ、

この価格以上に稼げるようになるはずです。

なお注意点としまして…

AdobeのCreative Cloudの費用

月額5,680円(年間65,760円)

(学生なら初年度月額1,980円)

が別途必要になります。

社会人が半額料金でAdobeCCを契約する裏技があります…!

↓↓↓

社会人がAdobeのCreative Cloudを安く購入する方法

AdobeCC(1年間)付きのオンラインスクールを受講するだけです。

デジタルハリウッドや、アドバンオンラインスクールなどですね。

この方法を使えば、一括払いに限定はされてしまいますが、

社会人でも年間29800円でAdobeCCを契約することができます!

+基礎教材

那須裕介さんの動画が参考になります

【注:2019年値上げされました】旧→Adobe Creative Cloudコンプリートを安く使う方法! Premiere ProもAfter Effectsも!
======2019年7月16日更新======= デジハリは残念ながら39,300円に値上げされました。それでも正規品よりは安いので、一応動画は公開にしておきます。 ============================= Adobe Creative Cloud。オンラインスクールを使えば年間29800円で...

最後に。私がMovieHacksを買ったワケ

正直、動画編集は独学でも学べます。(時間はかかりますが)

ソフトの使い方なんてものはAdobe公式にも、個人ブログにもあるんです。

では何故MovieHacksを買ったのか?

それは”正しい道が示されていて時短になるから”です。

独学で学ぼうとすると、基本の使い方をぐぐり、参考動画をまね、試行錯誤してと

とにかく時間がかかります。

私はずっと無料ソフトのAviUtlを使って独学で動画編集してきましたが、

何かあるたびにググってプラグイン(拡張機能)を入れて、

編集の仕方を覚えていました。

でも結局、もっと簡単にできる方法が判明して、

かなりの遠回りを何度もしてきました。

動画編集で稼いでいこうと思い、

Adobeの契約をしたときもある程度の覚悟はありましたが、

できるならもう遠回りせず、すぐに答えを知りたい。

その答えが、MovieHacksにありました。

”試行錯誤の道すじを買った”という感じです。

動画編集者として生計を立てている人が、

動画編集(YouTube)で稼いでいくために

必要な技術を教えてくれる。

しかも、参考動画を完成系としてみたとき「自分でもできそう」な、手の届く場所を目指せます。

(VFXなどの映像加工とは違い、見た目の難易度が低いのが良い)

さらに、動画ベースなので、

特に時間を合わせたりする必要もなく自分のペースで学ぶことができます。

そして買い切り型なので、

買っておいて後で勉強することもできますし、今後さらに課金する必要はありません。

MovieHacksは、動画編集で稼ぎたいという方に

絶対にオススメできます。

公式ページは下記のボタンから飛べます。↓

今後、コンテンツのさらなる追加も予定されているとのことで、

料金の値上げも考えられます。

購入はお早めに!

コメント